lundi, décembre 11, 2006

映画日和

先週は「海を飛ぶ夢」、今週は「タッチ・オブ・スパイス」という作品。
このところ見る映画に当たっています。

私の大好きな映画で「夜になるまえに」という作品があるのですが、その作品に主演しているハビエル・バルデム が「海を飛ぶ夢」の主演をしていました。やはり彼の演技はすばらしかった。
役者は演りすぎないほうが私の好みで、(ラテン系でありながら)彼の抑えた演技には目を見張るものがあります。
原作者の体験そのものであるドキュメント映画。美化されてしまうのは常ですが、役者による解釈は重要です。
「死にたい」その希望は、欲求は、どのように叶えられるのか。考えさせる”尊厳死”。そもそも”尊厳”とは何か。。

「タッチ・オブ・スパイス」。舞台はギリシャとトルコ。抗争により離ればなれになる家族。祖父と共に暮らした時間の長い少年には、スパイスの香りと共に甘く辛い切ない思いが描かれる。人生には「スパイス」がつきものである、それは料理と一緒。確かに。。美しい風景とは裏腹に宗教や国家間によって関係を裂かれた人々。巻き込まれたまま行方知らずになった想い。http://www.gaga.ne.jp/spice/

人生。死。生きている間は、必死になっていろいろなことを考える場面がある。死に向かっている私たちにとって「あきらめる」べきなのか「けっしてあきらめない」べきなのかを考えさせる。そしてその決定は「死ぬため」か、「生きるため」か。
映画は私たちに多くを語りかけてくれる。だから、やっぱり映画はすばらしい。相変わらず大好きだ。

そういえば、藤子不二雄の「まんが道」の再放送を一気に15話みたけれど、その中で主演(竹本孝之)は、映画館の隣で、始まりの
サイレンの音にいつもわくわくしてるというシーンがあったな。大好きな漫画さえも手につかなかったという。。。
藤子不二雄の有名な漫画作品のネタは、きっと多くの映画から生まれているに違いない。
どんなにメディアが氾濫していっても、映画と本だけは無くならない気がする。

2 commentaires:

らくださん a dit…

今週、中村うさぎさんの本を読んでいます。
あまり好きではない人だったのですが、読んでいて、やっぱり好きになれない。でも考えさせられることは多くて・・・
違うタイプの人間の違うプロットを静かに読み知るのも私はときどき好きです。

rie a dit…

私もまだ中村うさぎさんは読んだことがありません。
なるほど、好き嫌いは関係なしに「得るもの」ってありますよね。。そおかぁ。やってみようっと。。