mardi, septembre 05, 2006

塩と潮( short & short )



珊瑚が足にキスをしたので
私の両足にはマークが
残されている

潮に浸しっぱなしだったせいで
陸にあがってからも
塩を欲している

だから今日も
バスには
シュガーじゃなくてソルト
真夏のハーブ入り

青くならない水の底
指と足首に
英字表記の瓶の塩が
ミネラルというから
なお、むずかゆい

こげた指先には
白いビーチサンダルが
まだ挟まっている

5 commentaires:

コアラ a dit…

この写真、すごくきれいですね。この詩もすごく好きです。夏の終わりが、すごくきれいでかなしくなりました。

ソルト a dit…

いい写真ですね。
詩が物語るように夏が通り過ぎて9月に入りなんだか寒くなってきました。

その白いビーチサンダルにも塩の記憶が残っているでしょうから来夏も潮にあわせてあげてください。

rie a dit…

コアラさん。
ありがとう。
そうだね、センチメンタル詩、だね。
夏の終わり。ウロコの雲に逆光。
「きれいでかなしい」ってほんとに哀しい気がする。
(この日、耳に入って来たニュースがとても哀しかったからこのような詩になったのかもしれない。さすがコアラ!)

ソルトさん。
そうこなくっちゃ♪「ソルト」さんが書き込んでくれるなんて、さすが!あ、呼んでましたかね?
そうそう、本を送ります。来週になりますが・・
遅れてしまってごめんなさい。

あ〜、来年も潮に会わせてあげたいです!!
本物のほうのビーチサンダルはメッキの飾りが塩だらけです。そっちは、会わせてあげられるかどうか・・・

ロビー a dit…

海に行かなくなって、幾年経っただろう。
僕にとっての海の記憶は日本海の海岸でした。

この美しい海辺はいったい何処なんでしょう?

rie a dit…

ロビーさん。
海、わたしも久々でした。
あ、でも去年は伊豆を通りがかって、確か洋服のまま飛び込んだ記憶はありましたが、ほんの数十分・・・

今年は、プーケットで海を満喫しました。
(食べたらマズそうな)艶やかな色のお魚が沢山。
ぷかぷかと浮かんでシュノーケリングをしていたら、珊瑚に当たって出来た傷が治りにくくて・・

日本海もいいですよね!日本を囲む海も好きです。
お魚は美味しいし。。タイの魚はちょっと・・・でした。