vendredi, mai 18, 2007

ローズなガーデン


はじまりは、3月。母の日の贈り物を選んでいる最中に薔薇の鉢植えに心惹かれた。
いまになってみるとなんと言う名前だったのか、良く覚えていない。

花の色は赤のくすんだ・・・確かコーヒーにちなんだ名前がついていた。
その薔薇の鉢は約5千円くらいだったような記憶。(プレゼント用なので少し割高)

ほかに、たくさんの花を見て・・・結局プレゼントに選んだのは、
2007年に初めて青いカーネーション(ムーンダスト)が発表されていることを知り、あまりにきれいだったのでそれに決めました。実際、先日届いた様子で、すごく珍しくて驚いたと、評判もよかったようです。

花にはいろいろな名前があって、3月になって少しあたたかくなってきたことも手伝って
うちのベランダを緑や花でいっぱいにしたいなぁー、と思った。
それで、むずかしいと言われていたけれど思い切って薔薇を育ててみようと。。
安くて扱いやすいものはないのかと、ネットを探索しているうちに
火がついた。今は少し落ち着いたので、こうしてブログを久しぶりにアップ。

はや、3ヶ月。

購入した薔薇の鉢数は6鉢になり、そのうち5鉢は花を一通り見ることができた。
残りは、一番期待している「ピエール・ドゥ・ロンサール」という名前の花。
葉の色が一番輝かしい緑色である。

はやくさかないかなぁーー
今週末は、薔薇の祭典に行くつもり。

ああ、あこがれのローズだらけの庭(ただのベランダ)。。。

つづく。(写真;5月17日に咲いた「ブラックティー」)

4 commentaires:

Anonyme a dit…

素敵ねえー。
また遊びに行って、ご自慢のお庭を拝見したい。

うちの母親も、最近また植物との相性が復活してきたらしく、この前行ったらベランダが元気になっていました。

rie a dit…

あら。。
来てくれた友達ってことは・・・?!

そうね。
ガーデニングがたのしい季節だもんねー
いまは、毎日、虫を発見したりうどん粉病とたたかったり、花を摘んだり。。なんか、結構いそがしいのよ。
肥料もあげすぎると肥料焼けを起こすらしいもんで、その加減も。。。

なんだか、いそがしい中にそれをやっていると
結構いろんなことを忘れたり整理することが出来たり。いいわーぁ。

わん a dit…

バラって育てるの難しいの?
知らなかった・・・
我が家にはなんか
小さい黄色バラが咲いてるが
何て言うんだろう?

ウチも絵の素材には困らないくらい
花が咲き始めましたよ。
しかし名前がちっとも覚えられないっ!
(親がやってるもんで、さっぱり・・・)

今度はご自慢のお庭全体の写真見たいっす

rie a dit…

わんさん。
おげんきですか?

バラは名前も沢山あって覚えられません。
よくあるのは、人の名前。
有名な人の名前がついたバラは沢山あるよね。

ウチにあるバラも一種類だけ、人の名前がついてます。
小さい黄色いバラも、たーっくさん有りますねー。。
なんてバラかしら。ミニバラなの?