mercredi, mai 23, 2007

バラの祭典と髪の剪定



あまり野球に興味をもったことがない人生で、西武球場にいったのは初めてでしたが結構広いスペースにバラが・・・
庭の芸を競い合うその傍らでバラのハンギングや鉢植えの品評会。ガーデニングショウは結構面白かったです。
いろんなご趣味の方がいるんだなぁーと思いました。
ばらばらばら・・・匂いの濃度も高かった。不思議なバラの園でした。
で、美しく撮れたのでバラの写真を一枚。

それから、髪を切りました。約25センチほど。
それは数字にしたらかなりのものだけれど、イメチェンになったというコトでもなさそうです。
5年くらい前にこのくらいだったかな。しばらく長いままだったので、ミディアムは久しぶりです。
もっと、切ってもよかったかも。

遅いので、また次回アップします。

4 commentaires:

racdasan a dit…

友人にバラにはまってバラ地獄になってる人がいます(遠方で見にいけませんがはがきで)彼女は40になって観葉植物のシンプルさに飽きたといっていました。私も華がほしくて、最近ミニアレンジを玄関に置いています。バラが入るだけで陽気になります。
(高いから2本か3本までですが)
バラの名に人名が多いとは知りませんでした。カタカナ多くて、店先で勝手にこれは洋子、これはリカとかつけて遊んだ事ありますが。

真酎。 a dit…

旦那さんのBlogも読みました。
全然違う写真なのが面白いですね。
ところで、お元気ですか?
12月印度らしいですが、、

rie a dit…

racdasanさん!
その、名前で遊ぶって・・・やっぱり薔薇には人の名前をつけたくなるような存在感があるんですよねーきっと。。。もしかしたら、それぞれに美しさとか個性があるからなんでしょうね。色だけではなくて、形の豊富さにビックリしました。
薔薇というものを調べれば調べるほど奥が深い。。。
(って、まだカジリですけど・・・)
あと「捧げる」って意味で、人の名前を付けることも有るらしいです。
冊子のようなクラッシック・ローズの沢山載っている冊子のようなものを買いましたが、それはもう・・・何度もお風呂に持って行って見ちゃっています。


真酎。さん!
久しぶり〜
12月印度って連絡・・・知りませんでした。
また、わたしも行くべきでしょうか・・・物件でも探しに——

真酎。 a dit…

12月デリーよバンガロールらしいですよ。
北も行けます。是非、物件でも探しに行きましょう!!!