lundi, juin 30, 2008

フランネル・フラワー


神楽坂にある一年くらい前にオープンしたかわいいお花屋さんでこのお花を買いました。
セリ科の植物で、花、葉ともに起毛で覆われていて、尖った白い花びらの先だけみどり色になっています。

2年くらい前から存在が気になっていたんですが、そのころはまだ希少で、ネットなどでチェックしてたけど少しだけ高価で手を出していなかったのですが、約1000円だったので。

いや、実はわたしのかわいいベランダのお花たちはバラ以外は全て安価で手に入れて育てて大きくしたものばかりなのです。

ハーブの類いは大概150〜300円台でそのほとんどがふたまわりくらい大きくなっています。

大きく育つと、ウチの子になったという実感が湧いてすごく嬉しい!それがガーデニングの醍醐味なんでしょうね。
ほんとは「鉢」「コンテナ」なんてものではなくて地植えしてあげたらもっともっとすくすくと育つんでしょうけど、仕方がないですね。
バラのアーチは雑誌で見てあこがれを抱くのがもっぱら。果物も育てたいし。。きりがない。

今回は、格安で小さな苗木のくちなし(あまりもののように店に置かれていた)と、このフランネル・フラワー。
どちらも、白くてとても美しい花たち。

白くて大きすぎない可憐な花、大好きです。

2 commentaires:

かおりざる a dit…

Rieの庭に入ってすぐ目に付いたのがこの子!
本当に可憐なお花だった~!
念願のJardin de Rie
いい香りが漂ってて幸せな気分になったよ♪
ありがと~。
お花を毟ってた娘は今ごろお昼ね?中…。

rie a dit…

あら。。中途半端な時間におやすみねー♪
夜中に起きたりしないかしら。。。

たくさんのお土産とか、わざわざうちに来てくれてありがとうねー♪

きょうはみんなの顔が見られてうれしかったん!

風に揺れる姿もいいよね。がんばって何年も育つといいなぁーーまたきてねー♪