dimanche, juillet 30, 2006

うれしいよ=Mes amies

お芝居を見に行きました。古くから、互いの甘えに本気で叱って、本当の悲しみを分かち合うことの出来る人。
彼女の名前は滝沢涼子。最近はヨリモのCMなどでタレントマネージャー遍に出演していて、顔を見ればすぐにわかる人もいるだろう。
私たちは姉妹のようで、戦友のようでもあった。言いたい事を言い合い、映画や俳優としての討論をし、悔し涙さえ分かち合った。
某養成所では、講師が私たちをライバル視させようと、別々に呼び出し競争させた。その意味も今では良くわかる。以来、講師の策略とは裏腹に仲良くなってしまったのだった。強く、優しい女優になって、いつも応援している人だ。

遠くから、声がする。
間違えたことをしそうになると、あの、悔しくて、苦い涙を思い出す。悔しいのは、自分ではどうにも出来ない大きなものと闘えるほどの力が無いからだった。つい最近まで、目の前にあった気がするその大きな、もの。しかし、今はどうでも良くなった。大きなものと闘わなくても良くなった。彼女も、同じだろうか。もしかしたら、今もそのような事があるのだろうか。彼女の顔にうっすらと感じる影にこっそりと、心配をする。

明日、大学時代の友人に会う。彼女は大阪にいる。今回は帰省で横浜に。彼女はモデルだった。とても背が高く、内面とともに美しい。会えることが、なかなか出来ないけれど、それでもいつも心配をしてくれている姉のような存在。彼女は、強くさらに優しい二児の母親になっている。

今月中に、小さな会食を約束をしている古くからの友人。彼女は、去年のクリスマスに結婚式をカナダで挙げた。カナダに実家のある旦那さん。要するに、いつか、近くにいなくなってしまう可能性が高い、彼女。フランス語を、さらに好きになれたきっかけをくれた人。
素敵な笑顔の可愛い異星人。

出会いは、出会いを呼んで、私は沢山の友人に囲まれていて、それを幸せに感じ、たくさんの素敵な人たちを自慢したい気持ちになっている。

今年は、自分の今までと向き合うという大きなきっかけをくれた人にも出会えた。そして今までに無い経験が出来た(本のことだけど)。


出会った時のことを忘れずに、いつも大切にできるように。
そして だからこそ、自分も大切にできるように。

2 commentaires:

hachi a dit…

ほっほっほっ!
すてきな気分〜

rie a dit…

ね。友達は宝だねー♪
hachiもそうよ〜♪
また近所になったからうれしーよ!!