jeudi, août 17, 2006

8月17日 リーディング【報告】



原宿JETROBOTでのリーディング。

ことば パーカッション トランペット ピアノ ウッドベース・・ 
グラスに入れる氷の音、電車の過ぎる音、雨音と遠雷。
改札口からすぐの人の足音。そして笑い声と拍手。

あらゆる音(声)がとけこんだ空気。
ほんのちょっとの時間の共有。
ゆっくりと通り過ぎる時間。
全ての、とおりすぎる、立ち止まらないもの 
を噛み締めた時間。

再び会えた人、出会えた人・・
みなさん、ありがとうございました。

読んだ詩 
「夏のおわりに」
「秋のプール」
「きみと、宇宙から落とされたぼくと、そして星条旗」
「焼き菓子の致死量(同時仏語翻訳:Ludovic Xasdera=ルド・グザスデラ)」
「雪情」

Mixi Community "A bientot Rie goto"


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆2006年08月17日(◆◆「 JET POET Vol.4」 〜即興の音楽と詩の朗読の宴〜)
原宿JETROBOT
※原宿駅/竹下口出て、横断歩道渡って左に、数件先です。 駅から30秒くらいです!

朗読/ lobby  ZULU  Luca  後藤理絵  ジェフ&エズラ

演奏/ ひら(Per) 小西 徹郎 (tp) TOMO(psychedeliste)

2 commentaires:

ひら a dit…

ありがとうございました。
様々な言葉と出会えて楽しかったです。
いずれまた〜。

rie a dit…

こちらこそ、ありがとうございました♪
音と言葉はやっぱり、いっしょになると心地良い。
「響き」ですね。心にも空間にも。
たくさんの人が一緒に雨上がりを楽しめた夕べでしたね。